高血圧にはミカルディスがおすすめ!

ミカルディスを服用するにあたっての注意点

ARB系降圧剤のミカルディスは、降圧剤なので、血圧を下げる効果があり、それ以外にも腎不全や心不全から臓器を保護する効果、尿酸や血糖などの数値を下げる効果があり、服用も一日一回のみで24時間効果が継続するうえに、胆汁によりほとんどが排泄され、糖尿病改善の効果も期待できる薬です。これらの効果から、ミカルディスは、高血圧と糖尿病の両方を患っている患者さんや、24時間を通して継続して血圧を下げる事を希望している方などに向いた降圧剤になります。一回の服用で24時間効果が期待できるため、夜の間や朝早くの時間帯に血圧が上がりやすい方でも比較的利用しやすい降圧剤になります。服用する上での注意点としては、ミカルディスには20・40・80mgの三種類の錠剤タイプがあり、成人の基本的な投与量が一日40mgである事と、年齢や体の状態で変化するものの、一日の最大摂取量としては80mgが想定されているという点が重要です。ただし、この最大摂取量については、服用者が肝機能に障害を持っている場合は、ミカルディスが肝臓機能により排出されるタイプの薬のため、一日一回で40mgと定められています。ミカルディスの副作用としては、発生率が約6%と低めですが。目まいや低血圧、頭痛、発疹などが報告されています。それと、適切な用法・用量を守っていればほとんど起きる事はありませんが、起こりうる重篤な副作用として血管浮腫や肝機能障害、アナフィラキシー等が報告されていため、用法・用量はしっかり守るようにし、問題が発生した場合はすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。他にも妊婦は服用できないなどの注意点がありますので、服用前にしっかり確認するようにしましょう。

ミカルディス服用時には運動はOK?

血圧の高い症状を抑える薬として用いられるミカルディスは、テルミサルタンを有効成分にしたアンジオテンシンII受容体拮抗薬に分類される降圧剤で、略称はARB、血圧を上昇させる物質を選択的に阻害して血管収縮を防いで血圧を低下させます。国内では5番目のARBとなっていて、研究が進んだためか副作用は比較的少なく、持続性があるため1日1回の服用で良いことから長期にわたっての維持療法に役立ちます。ミカルディスを含む降圧剤は、薬の作用によって血圧を抑えますが、原因そのものには対処していないため、必ず血圧を上昇させる原因となる食事や運動療法などが必要となります。ミカルディスもこの限りではなく、服用して血圧が下がったからと喜んでいても、薬を辞めてしまえば元通りとなってしまうため、定期的に運動を行う必要があります。降圧剤の中には心拍数を少なくするものもあり、服用中には運動をしてはいけないものもありますが、基本は運動が必要なため、激しい呼吸が必要となる運動を避け、ウォーキング、ジョギング、サイクリングといった有酸素運動によって軽く体を動かすことが推奨されています。筋肉トレーニングなどの無酸素運動は意味がありませんが、自分の体の調子を見ながら少しずつ体を動かしていくことのできるウォーキングなどは丁度良い運動療法となります。血圧が下がったからといって運動を行ってはいけないというわけではなく、逆に高血圧の状態を回避できている時こそ体を動かすべきです。もちろん運動だけでなく、塩分を控えたり、味付けの薄い食事なども必要で、その他にも様々な制限がかかりますが、体を動かすことに関してはミカルディス服用後も問題ありません。

ミカルディスと納豆

ミカルディスはお薬を飲むことで、高い血圧を下げる作用を働かせることができます。高血圧の人が血圧硬化剤を飲む時には、食べ合わせの栄養素や飲み合わせも、気をつける必要があることもあります。医薬品と同時に摂取することで、あまりよくない組み合わせとして度々名前が挙がるのは、グレープフルーツです。天然グレープフルーツのジュースは、ジューシーで健康的な印象ですが、医薬品との飲み合わせでは向いていません。グレープフルーツには独特の苦味がありますが、これがフラノクマリンの成分であり、体内で肝臓での医薬品成分の分解を、妨害してしまうためです。グレープフルーツの成分がありますので、医薬品を服用したとしても、効果は十分に発揮できないばかりか、副作用を招くことにもなります。血圧を下げる医薬品の場合は、医薬品の効果を無駄に高めることになります。それは血圧を下げすぎるので、標準値以上の下がってしまうことが考えられます。血圧は下がりすぎますと、生命にも関わりますので、危険なことです。一緒に飲まないのを意識しても、グレープフルーツの成分は、数日は残ることになります。血圧降下剤を始め、医薬品を飲む時には、控えたほうがいいでしょう。納豆は栄養バランスにも優れている為に、日本でも毎日食べるとよい、という認識があるほどです。血圧降下剤を、血栓予防する為に飲むのであれば、納豆はたくさん食べないほうがいいです。納豆にたくさん含まれている、ビタミンの栄養が作用して、血栓を予防する効果がそれだけ、薄くなってしまうためです。ただ勘違いをしやすいのは、大豆がいけないというわけではなく、納豆菌を含む食材が危険を持っているということになります。